• トップページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • アクセス
  • リンク集
  • お問い合わせ

地域密着型サービス外部評価

トップページ  >  地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価

事業説明

平成18年の介護保険法改正により創設された地域密着型サービスのうち、小規模多機能型居宅介護事業所および認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)については、自ら提供するサービスの自己評価及び外部評価が義務付けられ、地域密着型サービス外部評価として一体的にサービス評価が進められています。

このページの先頭へ戻る


サービス評価の目的

自己評価はサービスの質の向上に向けた主体的な取り組みであり、外部評価は利用者及び家族の安心と満足を図り、ケアサービスの水準を一定以上に維持すること、改善に向けて関係者の自発的努力と体制づくりを促すこと、事業所に対する社会的信頼を高めることなどがねらいです。

このページの先頭へ戻る


サービス評価の内容

自己評価

事業所が地域密着型サービスとして目標とする実践がされているか、項目一つひとつ職員全員が点検し、取り組みを具体的に記入します。
外部評価

外部評価は、事業所の欠点を指摘したり外部からの指導を行うのではなく、事業所をより良くしていこうという視点に立って改善に向けての支援という形で行われるものです。

三重県においては、平成19年度より本会(三重県社協)が県より選定された外部評価機関として、事業所における日々のサービス向上のための努力やその結果による現状を尊重しつつ、利用者の家族の声も反映させていただき、よりよいサービスの獲得に向けたステップアップの機会として、その時点における“生きた”評価を行います。評価結果は、“END”としてではなく、次の取り組み(目標)への“START”としてご提示します。

このページの先頭へ戻る


評価結果の公開方法

WAMNET(ワムネット)で「自己評価及び外部評価結果」及び「目標達成計画」が公開されます。

このページの先頭へ戻る


連絡先

TEL 059-227-5145 FAX 059-227-5631 MAIL group@miewel.or.jp